0%

Posts Tagged
‘インタビュー’

取材日程調整でメールのやり取りをして頂いている小川順子さん。小川さんのメールからはいつも、さり気ない配慮と優しさが感じられます。そんな小川さんが普段どんなことを考えていらっしゃるのか、じっくりインタビューをさせて頂きました。

 

江別の印象はいかがですか?

小川順子さんは、本社の総務・経理部と工場の生産管理部を兼任されています。

「変化がよくある会社なんですよね」と、江別気球工場が稼働し始めてから、江別に通勤していた小川さんも11月から札幌本社に戻るのだそう。そして、江別気球工場には札幌R&Dセンターから数名が来て、開発の仕事の一部をここでするようになるんですよと教えてくれました。

「変化」というか常に「進化」している感じですよね。去年の秋は18人くらいの会社でしたが、現在では総勢50名以上の「チーム岩谷技研」が日夜開発に励んでいます。

緑や自然が好きなので、江別は緑も多く気に入っていたという小川さん。江別気球工場も札幌本社や札幌R&Dセンターに比べスペースが広いので、江別は開放感がある場所という印象があるそうです。

工場での様子も、みなさんが今まで経験のない気球制作というお仕事をされているなかで試行錯誤されているけれども、「ああしよう、こうしよう」ってお喋りしながら工夫している様子が和気あいあいとしていて、そんなメイトさんの明るさに助けられていると感じています。

 

岩谷技研の仕事のやりがいは?

小川さんの主な仕事は採用業務。人事の面から研究開発を支えます。小川さんご自身が岩谷技研に入社したのは2021年の秋頃。当時は岩谷技研という会社を全く知らなかったそうですが、人とのつながりで紹介してもらい働き始めました。

小川さんにとって岩谷技研は3社目で、最初の社会人経験は農協でのお勤めでした。10年以上のキャリアがありましたが、民間の会社でも働いてみたいと考え転職。ずっと採用業務に関わってきましたが、民間会社ではスピード感の違いや女性にもチャンスがあると感じたそうです。

 

さらに岩谷技研では、大きく考え方が変わったことがあるそうです。

一般的な会社では、コミュニケーション能力がまず大切と考えられています。小川さんも以前の経験から「コミュニケーション能力」を重視していましたが、工学系の採用では、コミュニケーション能力よりも「スキル」が重要と考えるようになりました。工学の技術や知識についてはよくわからないので、面接ではエンジニアにも同席してもらいます。

スキル以外の部分で、小川さんには、本当にここで働きたいと思ってくれる人、やってきたからこそ自信がある人から感じられるキラリと光るものがわかるのだそうです。

「経験と感覚ですが、やっぱり思いの強さって伝わるんです」。そうして入社された方がご自身の能力を発揮して、イキイキとお仕事をされている様子を見ると本当に嬉しいそうです。

 

「採用はお見合いみたいなもので、ダメな人っていないんです。会社にマッチするかどうかなんですよね」と、ご縁があったからこそ一緒に働くようになるのだと考えています。採用業務では、そうしたご縁に出会えるのが楽しいとやりがいを感じています。

 

最後の旅行はやっぱり宇宙?

十勝、帯広畜産大学出身で、登山、ボルタリング、旅行が趣味という小川さん。気球の宇宙遊覧旅行には、ぜひ行きたいのでは?というと「昔から人生最後の旅行は南極かなと思っていたので迷っている」という意外な答え!でも、よく考えると日本から南極大陸への距離は約14,000km。直行便もなく乗り継ぎを重ねて飛行時間は20時間以上。かたや宇宙遊覧旅行は、地上から25km・・・宇宙の方が近いですね、と笑いました。

今後も進化し続けていく岩谷技研は、多くの人材を採用していくことになりますが、「私が最初の面接者として応募してきてくれた人と接することになるので、どういう人か表情を見て安心してほしい」と素敵な笑顔を見せてくれました。

 

取材陣をいつも笑顔で迎え入れてくれる飯塚工場長。社内報作成の取材にあたり、江別工場に潜入し、メイトさんにも直接お話しを聞きたいとお願いしたところ、
「まず、私からメイトさんに社内報の件を説明させてください」と、何よりもまずメイトさんの働きやすさや感情、モチベーションを第一に考えていらっしゃるんだなと感心したことを覚えています。

そうして段取りをしていただいたお陰で、いつ江別工場を訪ねても、みなさん快く迎えてくれるので、我々も取材に行くのが楽しいです。

 

仲取締役との腐れ縁?

それはさておき、東京から単身で北海道に移住され、江別気球工場の工場長を務める飯塚剛さん。「岩谷技研で一緒に働いてほしい」と仲取締役から熱烈なオファーがあったと聞きましたが?

「彼とは腐れ縁です(笑)。前職を退職後、タイミングよく岩谷技研に迎え入れてくれるという話をいただき有り難かったし、子どもも成人したタイミングでちょうど良かったんです」

飯塚工場長と仲取締役は、小学校と中学が一緒で、高校は別々の高校に進学しましたが、大学時代には留学先がお互いにニューヨークだったため、再会しずっと縁が続いているのだとか。

「来てみて本当によかった」と北海道に来なければ出会えなかった人たちと、今こうして一緒に仕事をしていることが自分の財産になっていると言います。
江別工場がある大麻地区の飲食店『開拓うどん』がおいしいと、お気に入りの店も見つけたようです。

 

それでも、ご家族を東京に置いてきて寂しいと感じることはありませんか?

「便利な世の中になりましたよ」と毎日のようにFaceTimeで朝晩30分ほど会話をするので距離はあまり感じないそう。2〜3ヶ月おきに東京に帰り、会うのがちょうど良いと感じているそうで、奥様もいずれ北海道に遊びに来ることを楽しみにしているようです。

 

どんなお父さんか?お嬢さんに聞いてみた

さて、夏休みにお父さんを訪ね、初めて北海道に来たというお嬢さんからもお話を聞いてみましたよ。

「父から江別気球工場の話を聞いていたので、みなさんにお会いするのが本当に楽しみでした!温かい雰囲気で家族のように迎え入れてくれて、嬉しいです。話に聞いていたとおり」とハツラツと明るくとても可愛らしいお嬢さん。

 

お父さまが北海道に行くと聞いた時には寂しさがあったのではないですか?

「11月から北海道に行くということを10月に聞いたので、急でびっくりしましたが、父と雷太さんは昔からの友人なので、ずっと岩谷技研の話をしていたのは知っていて、『人をまとめるのが上手だから来てほしい』と言われていたようです」

「自分も成人して、自立するタイミングだったので家族がそれぞれ別の場所で暮らしていますが、毎日FaceTimeを使って会話しています」
「父は、一緒に働いている皆さんから学ぶことが多くて、出会えたことに感謝している。といつも言っています」と教えてくれました。

家族みんなが同時に人生の新しいスタートを切ったようですね、会話も多いようで、とても仲の良いご家族なんだなと感じました。

「父は話をするのが好きでずっと喋ってるんですが、母と私は聞き流してる時もありますよ」「ここでも、みなさんがずっと父の話を聞かされているんじゃないかしら?」茶目っ気たっぷりに冗談を言う姿がとってもキュートでした。

そんなお父さんの一番好きなところはどこですか?の質問には、一瞬、真剣な様子で考えてから、

「私はひとりっ子なので、甘やかされて育ってきたと思うんですが、小さい頃から子ども扱いしないで、対等に接してくれたところです」子どもだからといって、まだわからないだろうと適当にしたりせず、わかるように本当のことを伝えてくれたことに感謝しているそうです。

 

学歴も国籍も年齢も関係ない

飯塚工場長は、「学歴も国籍も年齢も関係ない。学生で自分よりも年下だからと言って下に見るなんてこともないです。メイトさんは20代後半から60代まで、年齢の幅も広いです。みなさんに対して敬意を持って接するだけです」と、大切だと考えていることを話してくれました。

人の心を掴むのがうまいと言われる工場長に、そのテクニックを教わろうと思って聞いていましたが、それはテクニックではなく、信頼される人柄と誠実さがあるからなのだと、お嬢さんにもお話しを聞いて確信しました。

岩谷技研では、「学生社員」という制度を設け人材育成にも力を注いでいます。学生社員の一人、Kさんにお話を聞いてみました。

Kさんは江別気球工場にて、作業をレクチャーするお仕事をされていましたが、今後は札幌R&Dセンターにて勤務となります。江別気球工場の様子や岩谷技研で働いて感じたことなどを教えていただきました。

 

学生社員Kさんインタビュー

札幌出身のKさんは、小学生の時から算数が得意だったとのこと。勉強が楽しいと感じられる環境に恵まれ、北大の工学部へと進学します。

大学入学後は飲食店でアルバイトをしていましたが、コロナの影響でバイトができなくなり、他にアルバイトを探していたところ、岩谷技研の求人を見つけました。

 

「それは、宇宙に興味を持っていた!とか、岩谷圭介さんに憧れて一緒に働きたいと思った!とかですか?」
と食い込み気味な質問に対して、「その時はよく知らなくて」と誠実に答えてくれるKさん。素直で真面目な青年という印象を受けました。

 

さて、今から約2年前、学部の4年生の10月にアルバイトとして岩谷技研に入社し、
「当時は岩谷さんの他に社員が3人くらいしかいませんでした」というKさん。3Dプリンターでさまざまなパーツを作ったりしていたそうです。

岩谷技研は、その当時から今では約10倍の30名ほどの大所帯となっています。江別気球工場でも10名ほどの人達と一緒に働くことになったと思うのですが、戸惑いはありませんでしたか?

「メイトさんにアイロンのかけ方を教えていましたが、みなさん、ちゃんと話を聞いてくれて、とてもやりやすかったです」と、メイトさんたちは熱心に学び、理解も早く、技術を吸収していったそうです。

 

岩谷さんからの影響、Kさんの今後について

これからのKさんのお仕事は、江別気球工場で手作業で行われていることを、将来的に機械化していくためのデータを集め分析し、札幌R&Dセンターにて研究開発を進めていくのだとか。

「岩谷技研で働いているうちに、考えることが好きになりました」というKさん。「新しいことをするって、もっと敷居が高いというか、誰もができるものではないと思っていました」

ふうせん宇宙撮影装置など、たった一人で新しいことを始め、挑戦し続けている岩谷さんの元で働いているうちに「新しいことも気持ちがあればできるもんだ」と思えるようになったそうです。

 

気球を使っての宇宙旅行が、今までになかった新しいことですから、その気球を作る機械も今までになかった新しいもの・・・実際に、それを作ろうとしているのですから、Kさん自身も挑戦者であり、先駆者ですよね。

卒業後は、他の企業への就職が決まっているというKさん。自分にも新しいことができるんだという気持ちは、これからどこで何をする時にもKさんの人生を輝かせる強い力になると思います。