IWAYA INC.

岩谷技研は、新たな技術で人類が〝まだ見ぬ未来を創る〟会社です。

VISION

立花 隆氏の名著「宇宙からの帰還(1983)」には高高度から〝命の惑星〟地球の営みを眺める機会を得た宇宙飛行士たちの人生が、帰還後に激変した事例が数多く報告されています。地球を外から眺める。たったそれだけの体験が私たちの世界観を一変させる可能性があります。

近年、各国で宇宙開発が盛り上がりを見せ、一頃までの国家ミッションではない観光目的を含む多様な宇宙との関わり方が提示され始めています。ですが 2024年現在、そのほとんどは未だごく限られた人にしか門戸が開かれていません(経済的に、あるいは肉体的に)。

岩谷技研は誰でも頑張れば用意できる費用のみ、他にはなんら特別な訓練を必要とせず気軽に手軽に宇宙遊覧に出かけることを可能にする技術を開発しました。幼児から年配者まで全ての人を〝宇宙の入り口〟成層圏までお連れすること、すなわち「宇宙遊覧の定着」を目指して、日々開発と事業化を進めています。

CEO

株式会社岩谷技研
代表取締役 岩谷圭介

北海道大学工学部機械知能工学科卒業
発明家・科学者・作家

2011年、大学で航空宇宙工学を専攻する傍ら、気球の研究開発を開始しました。2014年頃事業化、2016年岩谷技研を設立。2020年、有人気球開発を始め、2023年に成層圏飛行を成功。

気球は「宇宙を見たい」という夢を実現する合理的手段であり、安全で安定し経済的で持続可能な新しい手法です。これまでより遥かに多くの人たちに宇宙の景色を届けることができるでしょう。

CORPORATION

(2024年6月1日現在)

  • 本社 〒069-0854 北海道江別市大麻中町26番地12
  • 江別研究所 〒069-0854 北海道江別市大麻中町26番地22大麻ステーションビルA棟
  • 制作広報部 〒069-0852 北海道江別市大麻東町4-11
  • 東京事務所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町一丁目5番3号 X-NIHONBASHI内
  • 設立 2016年4月1日
  • 資本金 5,042万円
  • 代表者 岩谷圭介
  • 従業員 77名
  • 公式サイト https://iwaya.biz/

役員一覧

  • 代表取締役 岩谷圭介
  • 取締役 仲 雷太
  • 取締役 中園利宏
  • 社外取締役 赤浦 徹
  • 社外取締役 永田 晴紀
  • 監査役 篠原康弘(前 国土交通審議官)
  • 監査役 六川浩明
  • 執行役員 鈴木卓史(東京事務所長)
  • 顧問 中臺 章
  • 顧問 佐伯英隆
  • 顧問税理士 税理士法人池脇会計事務所

事業内容

  • 高高度有人気球の運用
  • 与圧キャビン設計開発
  • 生命維持装置の開発
  • 与圧スーツ設計開発
  • 長距離通信装置開発
  • 無人気球ペイロードの研究開発
  • 気球打上機器開発
  • ゼロプレッシャー気球の設計開発
  • スーパープレッシャー気球の研究
  • 水素気球研究開発

知財取得状況

  • 特許第6932408号 有人宇宙遊覧用気密キャビン
  • 特許第7118467号 空中の被写体を空中で撮影する手段
  • 特許第7013059号 内骨格式キャビン
  • 特許第7007005号 磁力連結による動力伝達機構
  • 特許第6994795号 アンカーパラシュート
  • 特許第7071771号 真空下での定温化装置
  • 特許第7153408号 気球の排気、パラシュート化
  • 特許第7177562号 気球からの吊りひも取付方法
  • 特許第7164261号 換装式天頂部材
  • 特許第7213600号 緊急時のキャビン破孔部補修方法
  • 特許第7246797号 気球天頂の構造部材
  • 特許第7201284号 多重窓構造
  • 特許第7201285号 キャビン内に吊り下げるシート
  • 特許第7309238号 ヘリウムガスの回収方法
  • 特許第7343934号 気球からの吊りひもの構造
  • 特許第7425518号 キャビンに搭載される生命維持装置
  • 特許第7416506号 大型気球の天頂に用いる構造部材
  • 特許第6966826号 ZL 2021 1 1345591.2 気球用の挟み込み部材
  • 特許第7071770号 US118,586,42 真空下での結露防止装置
  • 特許第7031920号 US117,949,06 ZL 2022 1 0181116.4 相変化を利用した熱管理
  • 特許出願中 気密キャビンの構造
  • 特許出願中 気密キャビンの熱管理方法
  • 特許出願中 気球‐地上間の通信手段
  • 特許出願中 キャビン内の環境を維持する方法
  • 特許出願中 気密キャビンからキャビン外の機器を切り離す方法
  • 特許出願中 気密キャビンからキャビン外の機器を操作する方法