Archive for the
‘実験レポート’

2023年8月に札幌ドーム内で行われた実験の様子についてレポートします。

実験現場に到着するとドームの天井についてしまいそうなくらい縦長の大きな気球が設置されていて迫力満点です。札幌ドームのアリーナ面から天井までの高さは68メートルですから、おおよその大きさを想像していただけると思います。この気球は、二人乗りのキャビン「T-10 EARTHER」を成層圏まで上げるための41m級の気球です。

 

割れるものなら割ってみろ!の気球をあえて破裂させる実験?!

前日に、時間の経過とともにどれくらいヘリウムが抜けるか?確認するためのリーク試験を行った気球に、今回は極限まで空気を送り込んで膨らませ、どこまで圧をかけたら破けるかを確かめるための実験をします。テレビ番組の罰ゲームのように巨大風船を膨らませて突然バーンと破裂させるイメージでしょうか?と岩谷社長に聞いてみると「そんな割れ方はぜったいにしません。割れるものなら割ってみろ!」と強気です。

7月に実験を行った際には割れずに終了したため、今回はもっともっと圧をかけて敢えて破裂させるのだそうです。割れなければそれでいいのでは?と思うのですが、どこまで圧をかけたら破けるか?どういう割れ方をするか?を確認しデータをとることも大切で、下から裂けるはずとの想定通りに破裂してくれるかどうか、ぜひとも確かめたいのだと教えてくれました。

 

作業されているみなさんのお邪魔にならないように・・・

今回の実験の責任者は機械課の橋詰望宇さん。以前、インタビューをした時には「早く自分が主体となって仕事ができるようになりたい」と話されていましたが、あれから数ヶ月、実験を仕切るほどに成長されていました。

また、江別工場で顔馴染みのメイトさんも実験に参加されていましたが、みなさんの作業の邪魔にならないようにあえて話しかけることをしないで様子を眺めていました。

 

映像を撮影されている唐津さんを見つけ、我々も唐津さんの撮る角度から写真撮影をすれば良い画が撮れると後ろをついてまわっていると、「気球がパンパンになるまで、あと2時間くらいかかりますよ」と教えてくれました。

まずは膨らませた気球の直径などを測り、計算して体積を算出するのだそうです。なるほど・・・球体の体積を求める公式を中学生くらいで習ったような気がするのですが、全然思い出せません。そもそも大きく膨らんだ気球の高さをどうやって測るのでしょうか?

 

取締役・中臺さんも実験に参加

「今日の実験はね、気球の仕上がり具合の確認のようなもので、設計した人、作った人、関わった全員が答え合わせをするんだよ」と話してくれたのは中臺さんです。

中臺さんは、何度もパイロットとして有人飛行試験に参加していますが「パラシュート、パラグライダー、スカイダイビングなどのあらゆる方法で空を飛んできた中で、気球が一番穏やかだよね」とニッコリ。

私たち取材陣がお会いするのは4月に江別気球工場で行ったロープの結び方講習会以来ですが、その頃から岩谷技研が大きく進化したことの一つとして、岩谷社長と及川実験隊長が熱気球パイロットのライセンスを取得し、各自が必要な技術を磨いて着実に岩谷技研がステップアップしていることです、と教えてくれました。

噂をすればなんとやら?江別気球工場から数人のメイトさん達を連れて及川隊長が登場しました。

 

江別工場のメイトさんたちも実験の様子を見学

だいぶ大きく膨らんだ気球を見て「あの工場で作った気球がこんなに大きいなんて・・・」と驚くメイトさん達。

「実際に見てもらうとモチベーションも上がりますよね」と及川隊長。できるだけメイトさんにも実験現場を見てもらえるといいなと考えているそうです。

 

新しいドローンの試運転中だった仲さんが「記念撮影しましょう!」と言って、メイトさんたちの見学風景を撮影していました。気球の高度がどんどん上がっていくので、今までの小型ドローンでは対応できなくなり、より大型の新型ドローンを導入したのだそうです。

今日は、バッテリーの持ち具合の確認を含め試運転です!という仲さんですが、何だかとっても楽しそうです。ドローンのプロペラが起こす風を利用して、頭上に浮く扇風機のように涼ませてくれました。

 

いよいよ破裂

「今日は実験責任者ではないので、少し気楽ですよ」と言う及川隊長にお願いして、キャビンに乗った気分になって下から気球を見上げてみたいと超近距離で気球を見せてもらいました。

及川隊長に7月の有人飛行で最大到達高度6072mを成功させた時の気持ちも聞いてみたのですが「いや〜 普通ですよ」と、至ってクールです。我々はテレビ番組で放送された雲海の景色に及川隊長が「すげえ!」と叫ぶシーンに号泣したんですけどね〜。

 

さて、丸々と膨れた気球はあらかじめ取り付けられていた紐と紐の間を測り、直径を確認します。

岩谷社長からここで突然の気球クイズ「気球の重さはどれくらいあると思いますか?」と出題されました。ふんわり浮いている気球なので軽いように見えますが、プラスチックの素材の重さはあると思うので「◯◯kgくらいですかね」と答えると、なんと正解は「18トン」!!

空気にももちろん重さがあり、1気圧(約1013hPa)のとき、空気1Lの重さは1.2gと説明してもらいましたが、頭の中が???でいっぱいになってしまいました。気球には、この気圧が重要とのことで、もう一度理科の教科書を読みなおして、気球のことを勉強した方がいいと思った取材陣でした。

 

さあ、実験はここからがいよいよ本番。結果は事前の予想通り気球下部のつなぎ目部分から静かに裂け始め、大成功!とのこと。

 

裂け目部分を入念にチェックする岩谷社長と皆さん。想定通りの実験結果となったようで、新たなデータが取れた岩谷社長は満面の笑みを浮かべていました。

 

最後に気球解体

最後に気球の解体作業に入ります。気球の下側をぐるりと刃物で裂いていきます。皆さんなんだか楽しそうです。

 

丸々と膨らんだ巨大な気球は、大きな穴が空いたことでゆっくりとしぼんでいきます。

 

空気が抜かれていく気球がまるで生き物のようで、切なくも美しい姿だったのが印象的でした。

皆さんこんにちは、入社してから5か月が経ち、会社にも慣れてきた新入社員の松本です。今日は、社内で毎月行われている有人飛行実験で見た、あるものについて紹介したいと思います。実験当日の朝、気球打ち上げ直前の話です。夜明け前から開始した実験準備が終わり、ヘリウムガスを注入した気球が打ち上げ場所まで運ばれていた時のこと。写真のような色のついたゴム風船が何度か飛ばされる光景を目にしました。この風船は何なのか!?どうしてこのような風船を飛ばしているのか!!?気になったので、話をきいてみました。

 

カラフルなゴム風船の正体

話を聞いたのは、実験チームの部員として活躍する、機械課の伊藤さん。この風船の正体は、気球を打ち上げる前の風観測用に使われる、パイロットバルーンというもの。実験チームの中では「パイバル」と呼ばれていて、パイバルの運用を担当している伊藤さんはパイバルおじさんと呼ばれています。

飛行機のようにジェットエンジンやプロペラなどの動力源を持たない気球は、風の流れが気球の進路となるため、風の観測を様々な視点から詳しく行う必要があります。パイバルは、そのような風の中でも、1,000m以下を流れる風、「地上風」の観測に使われます。地上風の流れは、地形(山、川、海、谷、、、)や障害物(ビル、鉄塔、木、、、)によって大きく変わるため、複雑な流れをしています。時には、気象予報で出されている風予報とは真逆に流れることもあるなど、本当に予測することが難しい風なのです。

 

パイバルおじさんによるパイバルの放球

そこで、パイバルの出番。パイバルを気球の打ち上げ前に飛ばし、風に乗って流れる方向とその高さを地面から計測することで、地上風がどのように流れているか、タイムリーに知ることができます。パイバルは、打ち上げた気球が地上風を受けて予想外の方向に流れる危険を予防することに役立っているそうです。パイバルおじさん、実験の安全を守るため、これからも頑張ってください!

みなさんこんにちは、新入社員の松本です!今回は12月に山口県の宇部市で行われた、ロケット実験についてレポートします!岩谷技研は気球の会社なのにどうしてロケット?と思う方も多いと思います。岩谷技研の主な開発事業は、高高度ガス気球と、気密キャビンの開発ですが、協力や共同実験という形で、他の宇宙開発企業の実験・開発に参加させていただくこともあるんです!今回は、福島県南相馬市にあるAstroX社モデルロケット空中発射実験に参加しました。

 

気球からロケットを発射!


AstroX社は成層圏まで打ち上げた気球からロケットを発射し、低軌道への人工衛星投入を計画している会社です。ロケットは地面からモクモクと煙を上げて飛んでいくものだと思っていた私ですが、ロックーン(Rockoon)方式と呼ばれる、気球からロケットを空中発射する手法は、打ち上げにかかるコストが抑えられること、打ち上げ中止リスクが減るなどいろいろとメリットがあるようです。気球からロケットを発射する、、、気球開発企業でもある我々にとってもまさに実現したい素晴らしい夢のある計画です。

 

採石場での実験!?


今回岩谷技研はロケットを吊り下げる気球製造から現場での打ち上げサポートまでを担当しました。実験の朝、現場に向かった実験メンバー。いつもは十勝平野のだだっ広い平地で実験を行う岩谷技研ですが、今回の実験場所は、岩壁に囲まれた採石場でした。採石場は窪地であるため、平地に比べて風の影響が少なく、実は気球の打ち上げに適しているのではないかということを発見!?着々と準備を進めていきました。実験を開始したのは午前7時ごろ。諸々の準備を終え、午後から実験が行われました。参加者・ギャラリーの皆さんは緊張の面持ちでしたが、発射は成功!岩谷技研にとっても初の試みとなる実験が無事に成功し、気球が持つ宇宙開発における可能性の広がりを実感することができました。

 

以上、気球からロケットを空中発射する、AstroX社のモデルロケット空中発射実験に参加した時の様子についてレポートしました。岩谷技研では高高度ガス気球を、実験実施企業が求める要求に応じて自社工場にてテイラーメイドし、実験場に出向いてガスを充填〜打ち上げ〜回収するまでフルサポートする、ワンストップサービスを展開しています。ガス気球を用いた実験に関するご相談やテイラーメイドのご要望がございましたら、是非ご連絡をよろしくお願いいたします。それでは!

文系の松本が実験をレポートします

皆さん、こんにちは!11月1日に岩谷技研に入社した、新入社員の松本です。私の仕事は「ITシステム管理」ですが、岩谷技研の全貌をできる限り早く知るため、今後しばらくはすべての実験に参加しレポートを提出せよ!との上長からの指示を受け、こちらの社内報ブログで記事を書かせていただくことになりました。

というわけで技術者の皆さんとは違う、文系出身である私の目線からの実験レポートその1です!

11月10日(木)、北海道某所にある体育館にて“開放弁”のテストが行われました。

 

岩谷技研製のガス気球は美しい

まずは今回実験に使った気球を見てください!体育館の明かりに反射するプラスティック製の球体が実に美しいですね!

ですがこの気球、私たちが気球といわれてイメージする、カラフルでカゴがついていて火を噴くバーナーがぶら下がった、いわゆる「熱気球」とはずいぶん違ってますね。気球には大きく分けて熱気球とガス気球の2種類があり、岩谷技研で使用するのはガス気球です。

ガス気球は、気球内に充填した空気よりも軽いヘリウムガスの浮力で飛びます。ヘリウムはなにしろ空気より軽いのでどこまでも上昇していこうとします。ではガス気球はどうやって地上に戻ってくるのでしょう?

そうです!ガスを抜き、浮力を減らして降下するのです。

 

開放弁で浮力を調節する

その時に使われるのが今回の実験でテストした開放弁という装置です。開放弁は気球を満たしているヘリウムガスをゆっくりと外に逃がすことで浮力を減らし、気球を地上に戻す働きをします。

こちらが開放弁調整中の写真です。気球のてっぺんに取り付けられており、手元のリモコンで開閉動作を遠隔操作します。また、万が一リモコンが機能しなくなった時のために、手動でも開閉させることができる仕組みが備わっています。

開放弁は丸い形をしており、プラスティックの気球表面に取り付ける台座と、弁の開け閉め動作に使用されるその他の部品に分かれています。

 

ガス気球は開放弁が命!

大きな大きな気球のてっぺんに取り付けられた小さな部品ですが、宇宙の入り口まで舞い上がった気球を地上に戻す重要な働きをしているんですね!実験を行う技術者たちも真剣な表情で作業をしていました。

今回は岩谷技研の使う気球が熱気球とは異なるガス気球であること。そしてガス気球は開放弁を使い内部のヘリウムを放出することで地上に戻ってくることを学びました。

岩谷技研では毎週幾つもの実験を実施しています。今後も現場に出かけて行って色々と学び、実験の様子をお伝えしていきます。それではまた!