岩谷技研、2024年度提供予定の宇宙遊覧フライト第一期搭乗者を決定。

「宇宙の民主化」を実現する共創プロジェクト〝OPEN UNIVERSE PROJECT〟

気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業、岩谷技研(本社 : 北海道札幌市、代表取締役CEO : 岩谷 圭介)は、2023年11月20日、2024年度より運航開始となる宇宙遊覧フライトの第一期搭乗者を決定いたしました。

岩谷技研では2022年2月に福島で行った係留飛行試験以降、徐々に高度を上げ飛距離を延ばしながら毎月のように道内外で飛行試験を重ねて参りました。2024年度7月以降、一般の方々に向けて気球による宇宙遊覧フライトの提供を予定しており、気球での宇宙遊覧を商業運航する世界初の企業となることを目指しています。

第一期ご搭乗者の決定

岩谷技研主催のOPEN UNIVERSE PROJECTの特設サイトにて、2023年2月21日より宇宙遊覧フライトの第一期ご搭乗者の募集を開始いたしました。 WEBサイトのみでのご応募でしたが、マスメディアやSNSをご覧いただいた多くの方々から申し込みをいただき、WEB面談を通じて5名を第一期のご搭乗者様として決定いたしました。

今回の募集では、年齢、性別、職業を問わず幅広くご応募いただき、岩谷技研が展開する宇宙遊覧体験へ大きな期待を寄せていただきました。今後は2024年2月中旬に、今回決定した搭乗者の皆様を対象に合同オリエンテーションを実施後、7月以降、順次宇宙遊覧フライトの提供を予定しております。

また2025年以降のフライトに関しては、2024年中に応募を開始する予定です。

「宇宙の民主化」を実現するOPEN UNIVERSE PROJECT

岩谷技研は、安心・安全・低価格な誰もがいける民間向けの宇宙遊覧を起点に、様々な企業・団体と新しい事業・サービス・活動を共創し、これまで限られた人たちだけの活躍の場であった宇宙をすべての人が参加可能なものにする「宇宙の民主化」を実現する、日本発の共創プロジェクト「OPEN UNIVERSE PROJECT」を展開しております。

今後も宇宙遊覧の価値向上・普及に向けて、様々な企業様との共創を続けて参ります。

OPEN UNIVERSE PROJECT 公式サイト:https://open-universe-project.jp

岩谷技研:https://iwaya.biz/

株式会社岩谷技研は、高高度ガス気球、並びに気密キャビンを設計/開発/製造し、気球による宇宙遊覧を目指す宇 宙開発企業です。岩谷技研が目指す宇宙遊覧とは、単に地球の大気圏外に広がる空間(Space)に行くこと (Travel)ではなく、調和と秩序のとれた宇宙(Cosmos)に身を置くことにより人々の意識や視野が広がる旅 (Journey)を提供することを意図しています。

ソース:PR TIMES