岩谷技研、自社開発の有人ガス気球で成層圏(高度10,669m)へ到達成功

誰もが“宇宙の入り口”を体験できる!気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業

気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業、岩谷技研(本社 : 北海道札幌市、代表取締役CEO : 岩谷 圭介)は、2023年10月14日、北海道南富良野町にてフリーフライト有人飛行試験を行い、最大到達高度10,669mの成層圏に到達しました。

岩谷技研では2022年2月に福島で行った係留飛行試験以降、徐々に高度を上げ飛距離を延ばしながら毎月のように道内外で飛行試験を重ねて参りました。今回の有人飛行試験での成層圏到達成功により、当社は以下3つの点において、国内初の企業※1となりました。

  • 人を成層圏まで運ぶための有人気球を開発・製造し運用できる
  • 減圧環境に耐える気密キャビンを開発し運用できる
  • 与圧キャビンを作るために必要な独立した生命維持装置を開発できる

また今回の実験パイロットである岩谷技研研究開発部 及川明人は、同じく日本初の成層圏を気球で飛行したパイロット※2となりました。

2023年10月14日実施の実験概要

実験目的:成層圏の低圧環境における与圧キャビン及び生命維持装置の運用試験、また自社気球による高度1万m越への到達が可能なことを実証
離陸地点:北海道 空知郡 南富良野町 字 東鹿越
離陸時刻:05時02分
着陸地点:北海道 中川郡本別町 押帯地区
着陸時刻:07時23分
飛行距離:73.43km
飛行時間:141分
到達高度:10,669m

自社開発キャビンとガス気球による打ち上げ/飛行試験:これまでの開発経緯

2020年 7月 有人宇宙遊覧プロジェクト始動
2021年 6月 T-3気密キャビン|無人打ち上げ試験で気密キャビンを成層圏へ打上/回収
2022年 2月 T-5キャビン|有人係留飛行試験で高度30mに到達
2022年 7月 T-5キャビン|有人係留飛行試験で高度50mに到達
2022年10月 T-9 I キャビン|有人自由飛行試験で高度50mに到達
2022年11月 T-9 I キャビン|有人自由飛行試験で高度102mに到達
2023年 2月 T-9 I キャビン|有人自由飛行試験で高度408mに到達
2023年 3月 T-9 II キャビン|有人自由飛行試験で高度1,190mに到達
2023年 4月 T-9 II キャビン|有人自由飛行試験で高度2,843mに到達
2023年 7月 T-9 III 気密キャビン|有人自由飛行試験で高度6,072mに到達
2023年10月 T-9 III 気密キャビン|有人自由飛行試験で高度10,669mに到達(◀︎今回)

※1:国内初の企業(自社調べ|2023年10月)
※2:日本初の成層圏をガス気球で飛行したパイロット(自社調べ|2023年10月)

岩谷技研:https://iwaya.biz/

株式会社岩谷技研は、高高度ガス気球、並びに気密キャビンを設計/開発/製造し、気球による宇宙遊覧を目指す宇 宙開発企業です。岩谷技研が目指す宇宙遊覧とは、単に地球の大気圏外に広がる空間(Space)に行くこと (Travel)ではなく、調和と秩序のとれた宇宙(Cosmos)に身を置くことにより人々の意識や視野が広がる旅 (Journey)を提供することを意図しています。

ソース:PR TIMES