岩谷技研、新たに4億円の資金調達を実施。シードラウンドからの累計調達額は約20億円に

誰もが“宇宙の入り口”を体験できる!気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業

気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業、岩谷技研(本社 : 北海道札幌市、代表取締役CEO : 岩谷 圭介)は、2023年12月8日、新たに4億円の資金調達を実施しました。

当社はこの度、VC、事業会社、投資家(非開示)を引受先とする4億円の第三者割当増資を新たに実施しました。これにより本年10月の調達と合わせ、今年度の調達額は総額で9億7千万円となりました。また2020年8月のシードラウンドからの累計調達額は、約20億円となりましたことを併せてご報告いたします。

引受先の概要

  • インキュベイトファンド
  • アサヒグループジャパン
  • 横浜キャピタル
  • トヨタ紡織
  • 三井住友海上キャピタル
  • グローブアドバイザーズ
  • SMBCベンチャーキャピタル
  • 北海道ベンチャーキャピタル
  • 静岡キャピタル
  • サツドラホールディングス
  • りそなキャピタル
  • 三菱UFJキャピタル
  • 松竹ベンチャーズ
  • 個人投資家(非開示)
岩谷技研:https://iwaya.biz/

株式会社岩谷技研は、高高度ガス気球、並びに気密キャビンを設計/開発/製造し、気球による宇宙遊覧を目指す宇 宙開発企業です。岩谷技研が目指す宇宙遊覧とは、単に地球の大気圏外に広がる空間(Space)に行くこと (Travel)ではなく、調和と秩序のとれた宇宙(Cosmos)に身を置くことにより人々の意識や視野が広がる旅 (Journey)を提供することを意図しています。

ソース:PR TIMES