岩谷技研、国内最大級の宇宙ビジネス展示会に出展。二人乗り宇宙遊覧キャビンのデザインを初公開します

気球で宇宙へ 誰もが“宇宙の入り口”を体験できる旅客技術開発スタートアップ企業

“NearSpaceからの宇宙旅行” を目指す旅客技術開発会社、岩谷技研(本社:北海道札幌市、代表取締役CEO:岩谷圭介)は、2022年12月12日(月)から12月14日(水)まで、国内最大級の宇宙ビジネス展示会「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION 2022」に出展します。エキシビションエリア(日本橋三井ホール)にブースを構えるほか、初日12日の午後には弊社代表の岩谷圭介がピッチに登壇します。

「2人乗り宇宙遊覧キャビン」のデザインを本邦初公開

展示ブースでは最新の実証実験時に撮影された、自社製「高高度気球」と「気密キャビン」の写真を展示するほか、岩谷技研の世界観を表現したプロモーション映像を上映します。
さらに来年度中に予定しているコマーシャル・フライト就航時にデビューする、「2人乗り宇宙遊覧キャビン:T-10 EARTHER(読み:てぃーてん あーさー)」のデザインを 1/3スケールモデルで初公開いたします。

また弊社代表の岩谷圭介が、会期初日12月12日(月)13:30-14:30の枠でピッチに登壇します。

「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION 2022」

「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION 2022」は、12月12日 – 16日にかけて東京・日本橋エリアで開催される「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」の一環として催されるビジネス展示会です。

※「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」について
このイベントは、日本橋の街において宇宙関連領域のビジネス拡大プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」に取り組む三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)が、そのプロジェクトの一環として開催しています。
詳細は下記オフィシャルサイトをご参照ください。

NIHONBASHI SPACE WEEK 2022概要

日 程:2022年12月12日(月)~16日(金)
場 所:日本橋三井ホール、室町三井ホール&カンファレンス、X-NIHONBASHI TOWER、
宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIほか(最寄り:東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅)
主 催:三井不動産株式会社、X-NIHONBASHI
オフィシャルサイト:https://www.x-nihonbashi.com/spaceweek2022/

岩谷技研: https://iwaya.biz/

株式会社岩谷技研は、 高高度ガス気球、 並びに旅行用気密キャビンを設計/開発し、 気球による “NearSpaceからの宇宙旅行” を目指す 旅客技術開発会社です。 岩谷技研が目指す宇宙旅行とは、 単に地球の大気圏外に広がる空間 (Space)に人を運ぶこと(Travel)ではなく、 そこ(調和と秩序のとれた宇宙:Cosmos)へ行くことによって、 人々の意識や視野が広がる旅(Journey)を意図しています。

ソース:PR TIMES