岩谷技研、コマーシャルフライト用の実機を用いた2人乗り訓練飛行を開始

誰もが“宇宙の入り口”を体験できる!気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業

岩谷技研(本社 : 北海道江別市、代表取締役CEO : 岩谷圭介)は、来夏にも就航予定のコマーシャルフライトで使用する〝T-10 EARTHER〟気密キャビンを使った訓練飛行を開始しました。

コマーシャルフライトと同条件での飛行試験を開始

岩谷技研では2022年2月に福島で実施した係留昇降試験以降、徐々に高度を上げ飛距離を延ばしながら、道内外で飛行試験を重ねてきました。

2023年10月、自社製高高度ガス気球とT-9気密キャビンによる成層圏到達達成(高度10,669m)と共に、歴代の1人乗り実験機による飛行試験はすべて完了し、翌11月より2人乗りキャビン〝T-10 EARTHER〟での飛行試験を開始しました。地上とロープで繋いだ係留昇降試験を実施し、運用手順と専用開発した装備類の動作や機体の安定度を含め安全性の確認を済ませ、今回からコマーシャルフライトと同様の搭乗者2名での飛行試験がスタートしました。

2023年12月6日実施の飛行試験概要

目的:T10機体による試験飛行および搭乗者2名でのパイロットの飛行訓練
離陸地点:北海道中川郡幕別町 明野ヶ丘公園
概要:T10実験機にパイロット2名が搭乗し、高度600mを目途に訓練飛行を実施。約90分のフライトで天頂手動弁操作とバラスト投下による上空でのレベリング飛行、着陸アプローチ等の訓練飛行を無事に終えた。

岩谷技研:https://iwaya.biz/

株式会社岩谷技研は、高高度ガス気球、並びに気密キャビンを設計/開発/製造し、気球による宇宙遊覧を目指す宇 宙開発企業です。岩谷技研が目指す宇宙遊覧とは、単に地球の大気圏外に広がる空間(Space)に行くこと (Travel)ではなく、調和と秩序のとれた宇宙(Cosmos)に身を置くことにより人々の意識や視野が広がる旅 (Journey)を提供することを意図しています。

ソース:PR TIMES